FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

型枠部材の説明

基礎コンクリート

基礎のコンクリートを打設しました。
ここで型枠の部材について説明します。

セパなど

これが「セパ」です。
コンクリートの厚みに応じてその長さのセパを用意します。一般に白い物がついているのが打放し用に使用します。セパはコンクリートに埋め込んでしまいます。

フォームタイ

これは「フォームタイ」です。
パネルの間にセパを挟み、フォームタイ(ねじ込み式)で両側から締めます。

止め金具

これは「止め金具」です。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

「墨出し」って何ですか?

藤子からの質問です。

問:「墨出し」って何ですか?

回答:墨坪を使って線をつけます。

昔の墨坪


昔はこんな墨坪を使っていました。

最近の墨坪


今はこんな墨坪です。

実験1


墨坪の糸を引っ張り両方を押さえて糸をはじきます。

実験2


実験3


糸をはじいた後に線がつきます。
コンクリートや木にこのような線をつけていきます。
通り芯や仕上げの線、床の仕上げから1mの線とかをつけることができます。


墨出しの写真

これが実際に墨坪でつけた線です。
コンテントヘッダー

遣方って何ですか?

藤子からの質問です。

問2:「遣方」って何ですか?

回答:基礎を作る時に見当で地面を掘ってもダメですね。そこで建物の正確な位置と高さを決めるために木杭とヌキ板で作るものです。(一般的には1階床高さよりとか、基礎天端からの高さとかで標示します)

遣方


この釘と向こうの釘に水糸を張って建物の位置(水糸は壁の芯になります)を決めています。

基礎が出来上がれば遣方は取り壊します。


コンテントヘッダー

地盤改良

藤子からの質問です。

問1:「地盤改良」は何故するのでしょうか?

回答:どんなに強固な基礎を作ってもその下の地盤が軟弱だったら建物を建てた後に傾いてしまいます。そこで軟弱地盤をある程度(建物の高さ等によっても違います)にまでアップする作業が地盤改良です。
でも掘って水が出る所では無理かもしれません。


ということでした。

現在新築中のY邸の地盤改良工事の様子です。

地盤改良


既存の土砂と地盤改良材(デンカソイルパックSP-20)を混ぜ合わせて基礎地盤(深さ55㎝)を作りました。
コンテントヘッダー

家が出来るまで PartⅡ

皆さん、初めまして。

このブログでは家が出来るまでの様子を、専門用語の解説をしながら紹介していきたいと思っています。

私は4月からこの仕事に入りましたが、建設関係の専門用語は難しくてよく分かりません。

そこで新築のお家が出来る様子を紹介しながら、家に関わる専門用語を1級建築士に分かりやすく解説してもらおうと思っています。

私は事務員の藤子です。よろしくお願いします(*^_^*)


☆ブログから見て頂いている方へ

タイトルがPartⅡなのは、別に「家が出来るまで」というブログをやっていて、そこでは別のお家の紹介をやっていました。
興味のある方はHPからご覧下さい。
http://www.fujii-net.jp/

プロフィール

erika43

Author:erika43
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。